省エネ=AIでエネルギーマネジメント

脱炭素社会に向け再生可能エネルギーの割合を増やすことが求められています。

電力会社から家庭に送られてくる検針票を見ると「再生可能エネルギー発電促進賦課金」という項目があります。 再生可能エネルギーから生まれた電力は、「固定価格買取制度」と呼ばれる国の制度によって、大手電力会社が一定期間、決められた価格で買い取ることが義務づけられています。そして、その費用の多くは、「賦課金」として家庭などが負担する仕組みになっています。

再生可能なエネルギーの割合を増やせば増やすほど、そのしわ寄せは電気料金に加算されます。 結局いかに効率的に電気を使い、電気の使用量を減らすかが、コストダウンには必要になると思います。 「電気(送電)」X「AI」は相性がいい気がします。